RSS | ATOM | SEARCH
木の駅センサス開始!

全国の木の駅につながる皆様へ

岐阜県恵那市で木の駅プロジェクトが始まってちょうど10年になります。

木の駅が80を越したとか100になったとか言われるけど、実のところよくわからない。

大学生や研究者あるいは行政から木の駅への同じようなアンケートがたくさん舞い込むようになった。

技術講習の義務化や搬出道具の開発も進んでいるものの、悲痛な山仕事の事故も増えている。

パルプチップだけでなくバイオマス発電や薪ボイラー・薪ストーブ需要が増えてきたが、燃やすばかりでいいのか。

その一方で組手什や地域材フェアトレードの用材プロジェクトも進んでいる。

地域通貨の活用も多様さを増している。9月には岐阜県高山市で地域通貨の国際会議が開催される。

それに合わせて第8回木の駅サミットが開催予定です。

 

全国の木の駅のようすを知りたいと思っても、今の木の駅ポータルサイトデータが古いものが多くて使いづらくなっています。

そこで、この度全国の木の駅を一つ一つヒアリングして本ポータルサイト上に反映させる「木の駅センサス」を行うことにしました。

それぞれの自慢も課題もありのまま聞いて知ることができたらお互いの交流も進むのではないかと思います。

5月中旬から6月末まで東北から九州までのすべての木の駅を断続的に巡回してヒアリングしていく予定です。

どうしても訪問できないところもあろうかと思いますが、私から連絡があった時は日程調整などよろしくお願いします。

また、その結果は木の駅ポータルサイトや随時このブログで経過報告します。

「こんなところで木の駅やっているよ!」という情報も下記までお寄せください。

niwa_ken2001@yahoo.co.jp  090-9916-1546

丹羽健司 まで

 

author:木の駅プロジェクト事務局, category:-, 10:55
comments(0), pookmark
Comment









Copyright(c) nakanoho-blog.kinoeki.org 2009- All Rights Reserved